スキル0の主婦がアフィリエイトを始めたきっかけ>>

アップルペンシル【ペン先の寿命はどのくらい?】実際に6ヶ月使って分かった交換時期を調査

アップルペンシルのペン先(チップ)には寿命があります。

日々の使用でペン先が削れ、鉄芯が見えてしまったらペン先の交換サイン。

イラストを描くためにiPadを使用している人にとって、アップルペンシルのペン先が使えなくなることは深刻な問題なんですが…

どのくらいでペン先を交換しなければいけないのか、予備は持っていた方がいいのか?

気になりますよね。

iPadを購入してからアップルペンシルを半年使い続けた体験をもとに記事を書いています。

私の場合ですがペン先をはじめて交換したのは使い始めておよそ6ヶ月後でした。

アップルペンシルの使用頻度と傾向

  • 1ヶ月20時間~30時間の使用
  • 1枚のイラストで4時間連続使用が多い
  • 筆圧強め
  • 紙のように描ける保護シートを貼っている

交換までの半年間で180時間アップルペンシルを使っていた計算です。

 

私の使用頻度はイラストを本格的に仕事としている人にとっては、ペンを触っている時間は少ないと思います。

イラストだけで毎日仕事で使っている場合は1日7時間とかで計算した方がいいかも。

 

毎日7時間使い続けた場合の交換時期は2ヶ月~3ヶ月になります。

 

これはあくまで私が使っていた状況で毎日7時間使っていたらの参考の数値です。

絶対ではないし、1年以上交換しない人もいるかもしれません。

MEMO
アップルペンシルの第1世代と第2世代のペン先は同じです。互換性についてはappleサポートで確認しました(^^)

アップルペンシルのペン先交換【みんなの体験談】

ペン先の交換時期について、私以外の体験談です。

ここで見て欲しいのは、

  • 使用時間
  • 筆圧
  • ペーパーライクフィルム(紙のように描けるフィルム)の有無

です。

自分の状況と近い使い方をしている方のペン先の交換時期を参考にしてみてください(^^)

ペーパーライクフィルム無し1年以上ペン先の交換なし

ペーパーライクフィルム(紙のように描けるフィルム)を使っていないとペン先は長持ちしそうですね。
みやびさんは頻繁にイラストを描かれているイメージがあるので本当に人それぞれって感じがします!

毎日イラストを描いて3ヶ月でペン先を交換

ふみさんの場合、筆圧が強めかつ毎日イラストを描いていて、3ヶ月ほどでペン先の劣化があったそうです!
ペーパーライクフィルムも使っているので、やっぱりフィルムの有無はかなり影響ありそうです…。

3ヶ月に1回の交換だと、常に常備していたほうがいいですね(;’∀’)

筆圧の強弱で交換時期は変わる

ゆこさんの場合、私と同じ(かちょっと多い)使用時間で9ヶ月で交換の時期を迎えたそうです。

ペーパーライクフィルムも使用。
ただ、唯一違うのは筆圧の差です。

筆圧が弱めとのことなので、ゴリゴリとペンを使う人は消耗が激しくなります。イラストのタッチも関係があるかもしれませんね。

ゆこさんのブログ ゆころぐ

ペーパーライクフィルム使用・筆圧がかなり強く 2週間で交換

筆圧が強い場合はペン先の交換がとても速いようです。

筆圧が強い×ペーパーライクフィルム

での使用は摩擦が強くなってしまいます。もし自分が筆圧がすごく強いと感じている場合はアップルペンシルのペン先の交換が頻繁になることを想定して購入した方が良さそうです…。

ペーパーライクフィルムを使わず、摩擦を減らせれればもう少しは交換時期が長くなりそうですが…。

うーーん…と言ったところですね(;´∀`)

とまとさんのイラストブログ かべうちβ

アップルペンシルのペン先が壊れたら困ること

仕事で描かなければいけないイラストで納期が差し迫っていた時に、ペン先が壊れた場合がものすごく困ります。

仕事で納期が遅れる場合はこれからの信用にも関わりますし、アップルペンシルのペン先が壊れて…なんてそんな言い訳は通用しません。

  • イラストのコンテストに出したいとき
  • 毎日手を動かしていないと手先が鈍ってしまう

使えない事へのストレスが半端ない(´;ω;`)ウッ…

 

こういう時に限って、

予備を買える場所が見つからなかったり、ネットで購入しようにも入荷待ちですぐに配達してもらえない場合があるなど。

最悪な状況の時がほとんどです。

 

いつもは売っているのに売り切れ…。

オーノーーーーっ!!( ノД`)シクシク…

スポンサーリンク

ペン先の予備は必要か?

予備は絶対必要です!

アップルペンシルはペン先が使えなくなったらただの白い棒。

ツッパリ棒にもなりません。

ペン先はアップルペンシルの必需品です。

ちなみに、

アップルペンシルを買うと必ず予備のペン先が1つ箱に入っているので、最初の1回は命拾いします。

注意
ペン先の予備が付属しているのはアップルペンシルの第1世代のみです。第2世代は予備がついていません。

が、

「ここで時間がある時に買えばいいか」

「まだまだ大丈夫だろう」

「今変えたばっかりだから、当分は必要ないか」

 

など後回しは絶対にしちゃダメです!

今さっき命拾いしたのに、次回はもう救命具がなく命がありません。

THE ENDです。

もし、第2世代のアップルペンシルを使っているなら予備がない状態なので、壊れる前に準備しておきましょう!

イラストを描く仕事をしている場合、予備は必須です

今回、私自身に起きた状況でイラストの依頼中にペン先が壊れたというハプニングがありました。

もし、ペン先の予備が見つからなかったら…今でも気が気じゃないですね(^^;)

納期はそこまでギリギリじゃなかったものの、Amazonで購入しようとしたら純正品が出荷予定1ヶ月~2ヶ月待ちの状態でした。

近くの電気屋で買えないか探しに行くところで、アップルペンシルの予備が箱に1つ入っている事を知り、九死に一生を得た感じですね。

この後、amazonですぐに純正品の購入手続きをしました。

スポンサーリンク

ペン先を交換する原因は寿命や使用時間だけじゃない

ペン先が壊れてしまうのはペンの使用時間による劣化だけじゃありません。

  • アップルペンシルを落として破損
  • 経年劣化による破損
  • ペン先の紛失

日々の生活で落として破損してしまう可能性は十分に考えられます。

またペン先が緩んでいる事に気付かず、気づいたら無くなっている場合も想像できますよね。

アップルペンシルのペン先の予備は「純正」一択

ペン先の予備には純正品とそうでないものがAmazonでは混在しています。

そのため、

値段が安いものを求めて購入すると、反応しにくいものが届いてしまう事も。

イラストを描いている人なら分かると思うんですが…

細かな作業で自分の思い通りに描けないストレスもそうですし、完成までの時間に大きく差が出ます。

何のためのアップルペンシルなのか。

サラサラ思い通りに描けるすばらしさが魅力的で購入したはずです。妥協せずにペン先は純正品を!

純正品の場合はお店の名前が「Apple」になってるのですぐわかります。

1個、2個入りは純正じゃない場合があるので特に気を付けて!(純正品は4個セットでしか売っていません)

もちろんApple公式サイトでも購入ができます(^^)

アップルペンシル第1世代・第2世代に対応
ApplePencilチップ4個入り 2200円(税込2376円)

公式サイトの方が出荷が早いので、急ぎの場合はAmazonではなく公式のアップルストアで買いましょう!

Amazonは出荷が遅いけど、消費税分くらいは安く買えますよ。

住所の入力とか面倒でそこまで急ぎじゃないなら、サクッと買えるAmazonがいいかもしれません(*’ω’*)

後回しにしなくてすみます。

アップルペンシルの救命具。ちゃんと用意してあわてないようにしたいですね。

MEMO
純正のペン先はどのアップルペンシル(第1世代・第2世代)でも交換可能です。

 

新型iPadProかiPadを比較。お絵かきしたい人の端末選びのコツ【2019.9月更新】

iPad9.7 32GB

iPad9.7 128GB

iPad9.7対応アップルペンシル

便利なiPadグッズ

アップルペンシル収納付きケース

新型 iPad Pro

アップルペンシル「キャップ紛失」大丈夫!応急処置と購入できる場所 新型iPadProかiPadを比較。お絵かきしたい人の端末選びのコツ【2019.9月更新】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA